メンズ

ハチを正しく退治するコツ|身の安全を確保する

鳩被害の対策

ハト

鳩が好む場所

人間が開発を進める社会で動物の行動エリアが少なくなり、街から木々の自然が減ると鳥類の休憩場所も少なくなってしまいました。建物が立ち並ぶ街中で、鳩の休憩場所や待機するところが、建物の高い場所であることが多く、鳩害にあうことが必然化しました。鳩は、移動中の羽休めや待機、人が寄り付かない場所では巣を作ってしまうこともあります。鳩は人間の生活の中で住みよい環境を常に探しながら行動しています。マンションのベランダやビルの屋上、なんの対策も練らなければ鳩にとって住みよい環境を整えるようなもので、次第に鳩はそこに住み着くようになります。糞や抜けた羽根などベランダの雨樋の詰りの原因となるため、鳩害に悩まされないようにあらかじめ鳩害対策を打っておくことが大切です。

有効的な対策

鳩の行動範囲は主に高所であり、人の手の届か無い場所であることが多いでしょう。鳩は自身にとって危険な場所を待機場所として選びません。一度、そこを好むと再び飛来して待機し、安心できる場所と考えると、巣を作ることがあります。鳩の糞や抜けた羽が雨樋を詰まらせ、塗装をはがす原因となります。鳩害を防ぐための対策として、鳩が嫌がる環境づくりを行いましょう。鳩は猫や犬を嫌がりますので、置物や写真などのダミーとなるものを置くと効果的です。ベランダなどの場合、防鳥ネットを張っておくと良いでしょう。一度、糞をした場所は鳩が好む場所となるため、糞は除去しきれいにしておくと鳩が飛来し難くなります。鳩は磁気を嫌うため、磁石を置いておくことも効果的です。鳩害対策を行う場合、安全な体制で作業ができることを確認して行いましょう。