女性と男性

ハチを正しく退治するコツ|身の安全を確保する

自分の身を守る

はち

生態を把握しておく

時として人に死をもたらすハチは、見かけたら避けたい存在で、巣を自宅付近で発見した場合は、一刻も早く取り除きたいものです。日本には、3000種類ものハチが存在し、その中で人を刺す可能性があるのは、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチです。主に山間部に生息しているスズメバチは、巣に近づいたり刺激を与えなければ攻撃してくることはほぼありません。しかし、非常に強い攻撃性があります。退治しようと巣を取る場合は、大変危険なため、駆除専門の業者に依頼する必要があります。アシナガバチやミツバチはさほど攻撃性は強くないですが、刺激を与えてしまうと刺すことがあるので、注意が必要です。巣を取るなら4月から5月頃のまだ巣が小さいうちがねらい目です。

刺激を与えない

ハチを退治する上で、市販の殺虫剤や専門の業者に依頼することはとても有効なことです。市販の殺虫剤でも十分にハチを退治する効果を有していますので、巣の場所が特定できているのであれば、利用してみるのも良いかもしれません。しかし、自分の身の安全を重視するならば、専門の駆除業者に依頼するのが安心でしょう。駆除業者であれば、ハチの習性を熟知しているので、ハチの行動が最も鈍る時間帯に迅速に処理してくれます。連絡を入れてタイミングが合えば、即日で対応してくれることもあるので、まずは最寄りのハチ退治のプロに連絡を入れましょう。連絡方法はメールやホームページ、電話などがありますが、電話でのやり取りが一番スムーズです。ハチの発生ポイントや被害状況など、連絡をする前に、ハチの現状などをまとめてメモにしておくと良いでしょう。

自分で出来る撃退法

はと

鳩は人間に弊害をもたらすことがあります。ベランダに居ついてしまうと糞の影響で感染症などを引き起こしてしまう恐れがありますので、鳩に迷惑をしているのならば対策を取っておいた方が安心ですし鳩が寄り付かなくなります。

詳しく見る

イタチやアライグマの退治

屋根裏

イタチなどの害獣は都市部でも出没します。一般家庭でも害獣駆除が必要になるケースがあります。見慣れない動物のフンや鳴き声などがあれば、すぐに専門の業者に依頼して駆除してもらうことが大切です。できるだけ早く対応できれば、被害や害獣駆除の費用を最小限にすることができます。

詳しく見る

鳩被害の対策

ハト

人間が開発を進める社会で鳩の行動範囲は我々の住む街となり、鳩害を及ぼすようになりました。鳩は、人間社会で住みよい環境を探しながら行動をとります。あらかじめ鳩害対策を行うことで、鳩は寄り付かなくなります。

詳しく見る